広島医療通訳アカデミー受講約款

第1条(契約の成立)

受講申込者(以下、申込者という)は、案内書、受講申込書の内容及び以下の条項を承諾のうえ、広島医療通訳アカデミー(以下、本校という)に対して受講の申込みを行い、本校はこれを承諾します。

第2条(拒否事由)

本校は、次に定める各号のいずれかに該当する場合、申込みをお断りすることがあります。

 ①申込者が希望する講座の定員に受入れ可能な余裕がない場合など、客観的に役務の提供が不可能なとき。

 ②申込者の希望する講座の定員が、講座案内記載の締切日までに別に本校の定める最少定員数に満たなかったとき。

 ③本校所定の期日までに受講費、その他講座案内書に記載された金額を支払わなかったとき。

 ④その他、本校が不適当と認めたとき。

第3条(役務の提供及び対価の支払)

本校は申込者に対し、本校に定める講座の中から申込者が選択した講座の案内書記載の役務を提供します。

申込者は、受講料、その他受講申込書に記載された金額を受講申込書の定める方法により、本校の指定する期日までに支払うこととします。

第4条(学習指導の形態)

本校の指導形態は、所定の指導時間内に、一人の講師が原則として複数の受講生に対して授業形式で指導を行います。講座によっては、プライベートレッスンの授業形態もあります。

本校の指導形態は、案内書記載の所定の対面授業やウェブ授業となります。

第5条(学習指導の実施)

本契約において、本校が定めた各コースのスケジュールに則って学習指導を行います。スケジュールは学習指導期間内に変更となる場合があります。

第6条(学習指導期間と契約期間)

学習指導の期間は、学習指導の開始日から講座の終了の日までの間、又は案内書の記載する期間とします。

契約期間は、講座の終了の日、あるいは本校の施設の利用を停止するまでの間いずれか遅い日とします。

第7条(申込者による任意解除)

申込者は、本校が定める所定の手続きに則り、契約を解除することができます。

申込者から開校日以降に契約解除の申出があった場合、契約は申出日をもって終了します。受講料の返還については次号に定めます。

  ①契約解除申出日が開校日から2週間以内の場合、当該コースの受講料から解約手数料1万円を除いた額の50%を返却します。

  ②契約解除申出日が開校日から2週間を超過した場合、受講料の返却は行わないものとします。また、申込者は、本校に対し使用の有無にかかわらず、教材等の買取りを請求することはできないものとします。

第8条(任意解除の方法)

前条による契約の解除は、申込者が契約を解除する旨の書面を本校に提出するにより、効力を生じます。受講料の返還は、原則として、申込者指定の銀行口座に振込む方法により行います。

第9条(役務を提供できない時の取扱い)

本校は、申込者の契約した役務を本校の責に帰すべき事由により提供できない場合は、代講又は休講とし、休講の場合は本校の定める日程に従って補講を行います。

第10条(遵守義務)

申込者は、本校の定める規定、講師及び事務員の指示や指導を遵守するものとします。

申込者は、本校の運営に対して妨害となる行為、本校を誹謗中傷する行為、その他公序良俗に反する行為を行わないものとします。

第11条(本校による解除)

本校は、申込者が前条の定めに違反して、改善を求めたにもかかわらず改善のない場合、当該申込者に対して学習指導を停止又は契約を解除することができます。この場合、当該停止期間中の受講料、契約解除に伴う受講料は、返還しないものとします。

第12条(紛争の解決)

本約款に定める事項について疑義が生じた場合、その他本約款に関して争いが生じた場合には、両者協議のうえ、解決するものとします。本契約の定めのない事項については、民法その他の法令によるものとします。

第13条(約款の変更)

本約款は、事情により告知なしに変更されることがあります。